Officers

代表取締役会長 鈴木 忠明

大日グループCEO
元新日鉄新規IT事業企画

1984年、新日鉄入社。製鉄所にて工程管理、本社にて営業企画を担当し、「ものづくり」と「経営」の原点を学ぶ。その後、新規事業部門に異動し、米国ベンチャー企業の商品企画・営業、日本化の共同開発を担当した後、企画・管理部門マネージャーとして、システムソリューション事業の基盤づくり、オラクルとの戦略的パートナー契約の推進を担い、新規事業の事業企画・立ち上げから、営業、総務・人事・経理まで一連の業務を経験。2001年、家業を継承すべく、大日コンクリート工業に入社。本業を強靭化すべく、トヨタ生産方式、汗をかいたものが報われる人事制度の導入、重要顧客であるNTT、電力様・トップ層との信頼関係構築を推進。一方、赤字事業であるエンジニアリング事業の高収益化、メガソーラー発電事業への参入、通信工事、システム開発会社のM&A、ベビーリーフ生産・販売への合弁事業による参入を図り、事業ドメインの拡大を推進中。

 

代表取締役社長 中西 浩一

元日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ開発責任者
(元アイ・ティ・ フロンティア執行役員)

三菱商事とIBMにて設立されたエイ・エス・ティに1986年入社後、中堅企業のシステム・インテグレーション・サービスに従事。2001年アイ・ティ・フロンテイアに統合後、各ソリューションおよびオファリング・サービス全域に亘るシステム開発分野・業界を担当。2012年執行役員・技術本部長に就任し新規システム開発部門およびシステム維持管理部門のライン長としてビジネスを推進・拡大。同時にプレイングマネージャーとして、複数の困難なプロジェクトを自ら統括PM(現場プロジェクト責任者の立場)を担当しプロジェクトを成功裏に牽引。2014年日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに統合後も開発責任者(本部長)として複数のグローバル・プロジェクトを推進、プロジェクトの評価、トラッキングおよびPMの育成・指導などに従事。2018年7月より大日コンクリート工業 顧問、同、10月にDNソリューションズ代表取締役社長に就任。

 

取締役副社長 濱松 邦紀

1987年より富士通にて局用電話交換機のソフトウェア開発に従事。制御系と業務系の開発会社を経て1994年、当時通信販売最大手のセシールに入社。販売企画部門にて超並列コンピュータの導入およびデータマイニングによる販売戦略立案業務に従事。1998年、システム構築とデータ活用提案を主業とした企業を立上げ約5年に渡って成長に尽力した後、2003年に取引先の一つであったアイ・ティ・フロンティアに移籍。全社で3名のみの IT Architect – Master of Professional としてメガバンク、総合商社等のシステム構想立案を遂行。TCSとの合併後はメガバンクのインド開発センター立上げをデリバリー責任者として牽引。2016年、三菱商事系コンサルティング会社のシグマクシスへ移り、流通製造大手クライアントにおけるデータとテクノロジーのビジネス活用を推進。2018年、DNソリューションズ立上げに参加、2020年、取締役副社長に就任。

 

取締役 小柳 健一

大日グループCOO
元三菱商事執行役員

1980年三菱商事入社、エネルギー事業グループ配属。石油国内販売(ガソリンスタンド向卸等)、炭素原料・製品トレーディング(70数か国との輸出入/三国間取引)を担当。1994年米国三菱(在ニューヨーク)に5年半駐在その間に独占禁止法裁判にて司法省との交渉及びフィラデルフィア連邦裁判所での証言を経験、帰国後国内事業投資先設立、海外合弁企業設立(アメリカ、中国、韓国等)に従事、エネルギーグループの人事担当を経て全社ベースの投融資諮問委員会メンバーに指名され三菱商事投融資案件総ての決裁に関与。2012年執行役員 石油・ガスE&P本部長に就任しシェールオイル開発/油田ガス田開発に従事。2015年に中部支社長(在名古屋)MRJプロジェクト等を担当。2017年エネルギーグループ常勤顧問。2018年10月より大日グループCOO 兼 大日コンクリート工業 代表取締役社長に就任。

 

社外取締役 殿村 真一

キャップジェミニ金融サービス部門アジア・中東代表 兼 日本法人代表

新日鉄にて新規事業企画、特にITサービス事業の企画立ち上げに従事(経営企画、M&Aの他、製造物流分野のITソリューション事業の立ち上げを牽引)。1999年、英国ITコンサルティング会社ジェームスマーチン(後にヘッドストロングに社名変更)日本法人に入社、10年以上にわたり代表取締役社長としてITプロジェクトマネジメント事業拡大を牽引。2012年より欧州発グローバルITサービス最大手キャップジェミニに転じて、シンガポールを拠点に同社金融サービス部門アジア・中東地域の事業再生・事業拡大(コンサルティング、ITサービス、BPO他)及び日本法人の立ち上げを推進。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学ビジネススクール修了(MBA)、金沢工業大学客員教授。(2004年〜2008年コース主任教授兼務)

 

アドバイザー 出口 知史

株式会社ブルーム 代表取締役社長

ぬいぐるみの進化版でもあり、小学生に大人気のスクイーズのトップブランドであるiBloom(アイブルーム)を製造販売する、株式会社ブルーム代表取締役社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、コーポレイトディレクション、ダイヤモンド社を経て、産業再生機構など3社の投資ファンドにおいて、投資先企業の経営者として複数の会社を連続で再生・成長へと導く。約20年連続で悪化していた老舗企業や5年連続赤字で債務超過に陥った老舗企業などを復活させた。現職では成長から飛躍に取り組む。著書に『困った人の説得術』(日本経済新聞出版社)など。

 

アドバイザー 千田 峰雄

株式会社Triforceコンサルティング 代表取締役社長

海外プラント建設会社(東洋エンジニアリング株式会社)の事業多角化を担い、ERP(SAP、MCFrame)を核とした分社独立を企図・推進。1999年に東洋ビジネスエンジニアリング株式会社を設立。同社は翌年度新興市場上場を果たした。(現在は東証1部)2002年同社社長、2008年同社会長、MIJS理事長や2011年アイ・ティ・フロンティア社長を歴任。最新IT技術を目利きし、ITベンチャー支援エンジェルの活動を続けている。2013年4月より現職。